プロフィール

都立芸術高校音楽科ピアノ専攻卒業。武蔵野音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。
大学卒業後、ピアノ講師の傍ら、二期会、辻正行音楽事務所にて伴奏を務める。
育児の為、演奏活動を一時中断した後、活動を再開。労音の第九の伴奏の他、鎌田弘子氏主宰の合唱団にてピアノ伴奏を務め、声楽、室内楽、コーラス等のコンサートに多数出演。
現在、ピアノ講師を務める傍ら、合唱指導者としても合唱団5団体を指導している。また、身近にクラシック音楽を親しんでいただこうとの主旨で「ラジアーレ音楽企画」を主宰している。
ピアノを鈴木洋、松浦豊明各氏に師事。合唱指導を鎌田弘子氏に師事。声楽を河合孝夫氏に師事。
PTNA(全日本ピアノ指導者協会)指導者会員。与野音楽連盟会員。大宮音楽家協会会員。和幸楽器店、柏屋楽器店会員。

当ピアノ教室から2002年、2003年、埼玉ピアノコンクールA部門入賞者、和幸楽器ピアノコンクールA部門優勝者有りました。ピティナステップやコンペティションに挑戦される方々は、心のこもった素敵な演奏を披露してくれています。

コーラス指導は、アマチュアシニア世代を中心に、2000年より開始しました。主なコンサートとして2008年「レッツ・スィング7周年コンサート」、2009年「愛の会ジョイントコンサート」、2011年「レッツ・スィング10周年コンサート」、2014年「歌声よ届け合同コンサート」にて指導と指揮をし、それぞれ大成功を納めました。

 

<♪自己紹介>

平成元年からさいたま市の住人です。この地で夫と子どもたち3人と犬1匹、猫1匹、そしてすぐ近くに夫の両親が居住し計7人と2匹で出発しました。現在は、子供たちは皆独立し、義父と犬と猫は天寿を全うし、家の中もだいぶ静かになりました。

仕事と勉強と家事と介護(夫がH.18より障害者となり自宅療養中)で毎日が終えてしまいますが、そんな中、庭の手入れ(ボーっと雑草取り)、数独(自称上級者)、家族や生徒の皆様や友人たちとのおしゃべりは特に好きなことです。そしてアルディージャの隠れファンでもあります。

好きな演奏家は、ピアニストでは、ルービンシュタイン、ホロビッツ、ピレシュ、ラローチャ…、と年代が知れますが書いていると止まりません…。オーケストラはしいて言えば、アバドの時代のベルリンフィルが好きかな。ヴァイオリニストでは、ハイフェッツ、スーク、パールマン、ヴェンゲーロフ、タイプも違いかなり古いですがエルマン、いやいやこれも止まらない…。

合唱指揮者では、亡くなられたエリック・エリクソン、ミシェル・コルボ、栗山文昭氏の演奏に感銘を受けました。

歌手では、古いですが、シュワルツコップ、ヴンダーリヒ、ディスカウ、3大テノール(中でもパヴァロッティの全盛期の声)、マリア・カラス、最近ではネトレプコ…素晴らしい!まさに神業ですね。